Blogブログ

あなたが使ってる塩、ホンモノですか?

こんにちは!
静岡市のZERO ONE GYM(パーソナルトレーニングジム)で活動しております。
パーソナルトレーナーの鈴木優です。

今日の内容は塩についてです!

「ん?塩なんてどれも一緒じゃないの?」
と思われた方もいるでしょう。

あなたは日中にカラダが
だるくなったりしませんか?

「言われてみれば確かにだるくなる…」
と思われた方

もしかしたらそれには
塩が大きく関わってきているかもしれません。

塩には大きく分けて2つ種類があります。
①精製塩

②天然塩
です。

ほとんどの人が使っている塩は
①精製塩
になります。

この①精製塩の成分標を見てみると
塩化ナトリウム
又は
塩化マグネシウム
のみの記載が多いです。

本来の塩というのは
上記の塩化ナトリウムや塩化マグネシウム
のみの成分ではなく
ここに【ミネラル】が入っています。

しかし多く流通している塩は
【ミネラル】が含まれていない
①精製塩になります。

「ミネラルってそんなに大事なの?」
と思われた方もいるでしょう。

ミネラル、ものすごく大事です。

ミネラルは骨や歯を形成したり
神経の伝達に関わったり
細胞の動きを活性化させるなど
私たちのカラダに必要不可欠な栄養素です。

また塩を摂取するとカラダがむくむ
と聞いたことがあるかと思います。

ミネラルが含まれていない
①精製塩はむくみますが

ミネラルが含まれている
②天然塩はむくみません。

ここまでで
②天然塩の方がミネラルが含まれていて
カラダにいい塩!
というのは理解していただけたかと思います。

では①精製塩と②天然塩の
見分け方について解説します。

塩を買う時に裏のラベルの
「製造方法」を確認してみてください。

そこに
・イオン膜
・立釜(たてがま)
のどちらか又はどちらも
記載されていたら
それは①精製塩になります。

②天然塩の場合は
・平釜
・天日
・焼成
などと記載されています。

是非塩を買う際は裏のラベルを見て
製造方法を確認してみてください!

ちなみに
何故①精製塩が
多く流通しているのかというと
【安くて簡単に作れるから】
なんです。
簡単な理由ですね(笑)

日中にカラダがだるくなったり
調子が上がらない方は
②天然塩を選んで使ってみるのも
いいと思います。

みなさんも良質なミネラルを
摂ることを意識していきましょう!


関連記事