Blogブログ

睡眠不足の人は痩せないし、死亡リスクが上がる!!

こんにちは!
静岡市のZERO ONE GYM(パーソナルトレーニングジム)で活動しております。
パーソナルトレーナーの鈴木優です。

あけましておめでとう御座います!
ついに2020年がスタートしました!
東京オリンピックの年ですね
ちなみに僕は
競技の観戦チケットは
抽選で全部ハズレでした(笑)
テレビでの観戦になりそうです…

さて、今回のテーマは
「睡眠」です!
睡眠と聞くと何となく大切ってことは
誰でもわかると思いますが

残念ながら日本人の睡眠時間は
諸外国に比べてかなり低い
と言われています。

では実際、何時間くらい寝るのが
ベストだと思いますか?

(↑の写真は僕が家で飼ってる猫の写真です)

ここで睡眠についての
興味深い実験について紹介します。

この実験では
14日間、毎日
8時間半の睡眠を取るグループと
5時間半の睡眠を取るグループに
分かれて、ダイエットを実施しました。

両グループとも体重は減少し
減少幅にも大差はありませんでした。

しかし
減った体重の中身に大きな差が出たのです。

【8時間半睡眠のグループ】
脂肪1.4kg減
筋肉1.5kg減

【5時間半睡眠のグループ】
脂肪0.6kg減
筋肉2.4kg減

おわかりいただけましたか?

睡眠が短いグループは
筋肉が多く減り
それに比べ脂肪の減りが
少なくなっています。

ダイエットしたい人は
単純に体重を落とすことよりも
「筋肉の量をキープする」
ことがめちゃくちゃ大切です。

筋肉の量をキープできないと
リバウンドしやすいカラダになってしまいます。

また、アメリカの
100万人を6年間追跡した実験では
睡眠時間が
6時間半〜7時間半の間
の人が最も死亡リスクが低い
という実験結果もあります。

それ以下でも以上でも
死亡リスクは上がるようです。

こう見ると
睡眠てやっぱり大切なんですね〜

でも睡眠には個人差があるので
一概に◯時間寝るのがベスト!!
とは言えません。

睡眠が足りているか、いないかは
日中に眠気が襲ってくるかこないか
が判断材料になります。

7時間前後寝ることを意識して
日中の眠気の具合で
自分に合った睡眠時間を
探してみるのが良いと思います。

ちなみに
睡眠の質を上げるためには
・寝る前に湯船にしっかり浸かる
・寝る前にホットドリンクを飲む
・寝る前のブルーライト(スマホ、パソコン)を控える

というのがオススメです!
ブルーライトを控えるのは
なかなか難しい人もいると思いますが(笑)

いかがだったでしょうか?

我々は毎日当たり前に寝ますが
睡眠ありきの生活ですから
今一度、自分の睡眠時間・質を
振り返ってみるといいですね!

これからダイエットを始める!

という方も睡眠をしっかり取り
効率よく進めていきたいところです!

関連記事