Blogブログ

水の種類 軟水と硬水の違いとは?

こんにちは!
静岡市のZERO ONE GYM(パーソナルトレーニングジム)で活動しております。
パーソナルトレーナーの鈴木優です。

テーマ
「水の種類 軟水と硬水の違いとは?」

今回のテーマは水の種類についてのお話です。

水の種類には色々なものがありますが、軟水と硬水の違いについて解説していきたいと思います。

意外と軟水と硬水について違いが分かっている人は少ないです。

軟水と硬水を分ける指標を「硬度」といい、これは水中にカルシウムとマグネシウムの含まれる量を数値化したものです。

この「硬度」の基準は日本では一般的に硬度100以下が軟水、100以上が硬水と分類されています。

ちなみにWHOでは60未満が軟水と分類しており、国や地域でその基準は違います。

日本で売っている水はほとんどが軟水です。
ちなみに水道水は硬度50前後で軟水になります。

日本の水のほとんどが軟水の理由はその地形にあり、ミネラルが少ない火成岩という地層が主になっているからです。

しかも川の傾斜が急勾配で、原水から海までの流れる距離が短いため、地層にあるミネラルをあまり吸収しきれません。

そのため日本の水のほとんどは軟水になります。

「硬度」の違いで軟水と硬水に分けられることがわかりましたよね。

では具体的に両者どんな特徴があるのでしょうか?

「軟水の特徴」
軟水は肌や胃腸に優しいという特徴があります。
そのため、赤ん坊にも安心して与えることができます。
クセがないため色んな料理にも使いやすいです。

「硬水の特徴」
硬水はミネラルが豊富なので栄養価が高いのが最大の特徴です。
しかし硬水を飲むと下痢をおこしたり、胃腸に負担をかけるおそれがあります。
また、口あたりが軟水のようにまろやかではなく、苦味やクセのある風味を感じる場合があります。

それぞれの特徴を理解した上で何を飲むか決めていきたいですね。

いかがだったでしょうか?

私はダイエットをされる方には、とにかく水をたくさん飲むことをオススメしています。

「たくさん飲む」ということで、人によっては硬水だと胃腸に負担がかかる場合があるので、私は軟水を飲むように言います。

日本で軟水は手に入りやすいですしね!

でも硬水をガブガブ飲んで味にも、胃腸にもまったく問題がないという方はミネラルがより豊富な硬水を飲むといいです!

自分に合った水を選択していきましょう!

関連記事