Blogブログ

筋トレ前の食事の摂り方!パワーを出しきる食事とは!?

こんにちは!
静岡市で活動しております。
パーソナルトレーナーの鈴木優です。

今日のテーマは「筋トレ前の食事の摂り方!パワーを出しきる食事とは!?」です。

今回は筋トレで筋肉を効率よくつけるための、食事の取り方について解説していきます。

「筋トレ後30分以内にプロテインを飲むと良い」
というプロテインのゴールデンタイムについては聞いたことがある方が多いのではないでしょうか?

もちろん筋トレ後の食事も大切ですが、
筋トレ前の食事もかなり重要なんです!

なぜ筋トレ前が重要なのかというと
トレーニングのパフォーマンスに直接影響してくるからです。

ここでは食事の摂取タイミングと何を食べるかがポイントになってきます。

オススメの食事の摂取タイミングはトレーニングの2時間前です。
何を食べたほうが良いかというと
炭水化物(白米、蕎麦、うどん、じゃがいも、サツマイモ、オートミール等)
とタンパク質(肉、魚、卵等)
です。

2時間前というのは個人差が若干あるので、自分で様子を見ながら調節してみて下さい。

トレーニングの直前(60〜30分前)に固形物を食べてしまうと、消化不良を起こし腹痛の原因になるので注意して下さいね。

炭水化物は体を動かすエネルギー源になります。
このエネルギーがないと筋トレで力を出しきることができないので、パフォーマンスを落とさないために炭水化物を摂取しましょう。

タンパク質は筋肉をつくる材料です。
筋トレを開始してすぐに筋肉を合成する作用が働くので、材料不足にならないようにタンパク質をしっかり摂取しておきましょう。

ここで注意しておきたいことは出来るだけ、筋トレ前に脂質(油系)を摂取しないことです。

脂質は消化に時間がかかるので特に消化不良を起こしやすいです。
摂取タイミングには気をつけましょう。

せっかく筋トレをしても筋肉の材料となる栄養が足りていないと筋肉はなかなかつきません。

しっかりと筋トレ前に筋肉のエネルギー・材料となる食事を摂っていくようにしましょう!

関連記事