Blogブログ

あなたは筋トレを何時間やっていますか?〜適正時間について〜」

こんにちは!
静岡市で活動しております。
パーソナルトレーナーの鈴木優です。

今日のテーマは「あなたは筋トレを何時間やっていますか?〜適正時間について〜」です。

今回は効率的に筋肉をつけるための筋トレの適正時間について解説していきます。

筋トレをやるなら長ければ長いほど良いというわけではありません。
逆に長すぎてしまうと筋肉がつき辛くなってしまいます。

結論から申しますと
一番効率的に筋肉をつけていくのに良いとされているトレーニング時間は60分〜90分と言われています。

この理由として、体内から分泌される「コルチゾール」というホルモンが関係してきます。

この「コンチゾール」というホルモンには
・免疫機能の調節
・腱や靭帯の修復
・脂肪燃焼の促進
というような人間には欠かせないプラス効果があります。

この反面
・筋肉の分解
・脂肪合成の促進
・食欲促進
など、「ストレスホルモン」と呼ばれるくらいマイナスな効果もあります。

このホルモンはトレーニングを始めて60分を過ぎたあたりから分泌されるようになります。

そのためトレーニングを2時間以上やるのは筋肉をつけていく上で良くありません。

むしろしっかりと短時間で筋肉に効かせて、強度の高いトレーニングができるなら30分〜45分くらいで終わる方が良いと言われています。

しかし短時間で全身を鍛えるというのはかなり難しいですよね。
そのために私がオススメするトレーニング方法は体の鍛える部位を何日かにわけて鍛える分割法です。

胸を鍛える日、背中を鍛える日、脚を鍛える日というように分割して鍛えれば短時間で終わらせることができますし、鍛えた部位をしっかり休ませることができます。

筋トレは筋肉を休ませることも重要なんです!

もし自分のトレーニング時間を振り返って90分以上だった人は、短時間で終わらせることも意識してみて下さい。

また、毎回全身をまんべんなく鍛えていた人は分割法を取り入れてみて下さい。
きっとトレーニングの質が変わりますよ!

無理なくストレスにならないように続けていきましょう!

関連記事