Blogブログ

バランスの良い食事って何?

こんにちは! 
静岡市の葵区、駿河区で活動しております。 
50、60、70代の方専用 出張パーソナルトレーナー 代表の鈴木優です。 

今回のテーマは「バランスの良い食事って何?」です。 
みなさんはバランスの良い食事と聞くと、どんな食事を考えますか? 
ここでは三大栄養素について理解しなくてはいけません。普段私たちは食事からさまざまな栄養を摂取します。その内、生命維持に最も必要とされるのが三大栄養素「タンパク質」「炭水化物(糖質)」「脂質」です。 
バランスの良い食事と言うとこれらの3つの栄養素を均等に摂取すると考える人が多いです。 
果たして、それは本当に正しいのでしょうか? 

三大栄養素の内の「タンパク質」の役割は体を作る細胞になることです。筋肉、骨、皮膚、髪の毛、爪などはタンパク質からできています。 
次に「炭水化物(糖質)」の役割は体を動かすエネルギーになることです。激しい運動などをする時はエネルギーが不可欠になりますよね。 
3つ目に「脂質」の役割は体の細胞膜やホルモンの構成をすることです。脂質も私たちの体にとって絶対に欠かせない存在です。 
以上が三大栄養素の主な働きになります。 

では、この3つの栄養を均等に摂取することがバランスの良い食事なのでしょうか? 
オフィスワークの人が焼肉定食を注文して、焼肉・ご飯・サラダ・味噌汁を食べたとします。一見バランスが良さそうな食事ですよね。 
ですが、オフィスワークの人はほとんど体を動かしません。そんな人がエネルギーとなるご飯「炭水化物」をがっつり食べてしまったら、使い切れなかったエネルギーはどこへ行くのでしょうか? 
それは脂肪として蓄えられてしまいます。 

スポーツ選手やたくさん運動をする人は炭水化物を多めに摂取しなければいけませんが、そうでない人は余分に摂取したエネルギーは脂肪へ変わります。これはバランスの良い食事とは言えませんよね。 
バランスの良い食事とは、それぞれの生活スタイルによって全く異なってくるということです。 
今日は激しい運動をするからエネルギーとなる炭水化物を増やそうなど、日によって変えていくのもありです。 

自分自身の生活スタイルを振り返って三大栄養素の摂取割合を今一度考えてみてはどうでしょうか?栄養が偏っているかもしれませんよ。

関連記事